今日のラズⅡ

また病院へ

昨日が休院日だったので、
今朝電話して予約。
病院に行ってきました。

2日前はあんなに喜んだのに・・・・。ふう~。
なぜ、次の日の朝、こんなに腫れたんだろう?
気がついてやれてなかっただけだろうか?
急に長くお散歩したせいだろうか?

腫れているところから、注射器で何か(血液?リンパ液?)をとって検査・・・。
色々言われて頭が機能してなくて覚えてないんです。実は・・・。

昨日は 後ろ足の指の間を舐めるので
それも言うと、
その部分に何か貼って、検査。
「ブドウ球菌」だそうです・・・。
抵抗力が弱ってるから感染したらしいです。(涙)

腫れをひかせる為と、このブドウ球菌に 抗生物質など2種類のお薬が処方されました。


ネットで調べてみたら・・・。

犬の膿皮症の【症状】
発赤や発疹、膿疱、かさぶたなどが顔や腋、股や指の間に現れる
膿皮症は、細菌感染の深さや程度、細菌の種類などによって、浅在性(子犬に多い)、表在性(夏場に多い)、皺壁性(短頭種に多い)、深在性(ジャーマン・シェパードに多い)に分かれ、それぞれ症状が異なります。おもな症状として、発赤や脱毛、発疹(ブツブツ)、膿疱、かさぶたが見られます。また、細菌の感染が深部に及んだ場合には、腫れや痛み、発熱が見られることがあります。膿皮症は、顔や腋、股や指の間などによく現れます。

犬の膿皮症の【原因】
ブドウ球菌などの細菌が皮膚に感染して起こる
膿皮症は、ブドウ球菌などの細菌が皮膚に感染することによって発症します。細菌の感染は、不衛生な環境、擦り傷や噛み傷、老化、栄養不良などにより、通常は皮膚が持っている細菌の侵入を抑える力が失われることによっておこります。
また、アレルギー性皮膚炎やアラカス症(ニキビダニ症)など、他の病気が引き金となって、二次的に発症することもあります。また、皮膚に合わない成分のシャンプーの使用、過度のシャンプーなどが原因になることもあります。


嬉しそうに日向ぼっこする今日のラズ。
こんなに元気そうなのにね・・・。
c0090220_526558.jpg

[PR]



by razu-chan | 2011-10-06 23:51 | razuの病気

私たち家族の最愛のラズは2011年12月27日にお星様になりました。今まで仲良くしてくれて、ほんとうにありがとう。
by razu-chan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

ブログジャンル

画像一覧